函館・食育体験 〔ピロシキ作り〕   <教育旅行>

なぜ?函館で<ピロシキ作り>? 日本で一番最初にロシア領事館がおかれ、ロシアの生活文化・食文化が函館に入って来ました。その歴史的な流れの中で、ロシアが日本・函館にもたらした医療・生活文化を知り、函館の特徴ある食育として、ロシアのソウルフードである<焼きピロシキ作り>を体験する事が出来ます。カラフルに用意された函館近郊の食材を、絵の具の様に自由に混ぜ合わせ、好きに味付けをして、自分だけのオリジナルの<ピロシキ>を2種類作ります。

時期:通年

対象:小学生~高校生の修学旅行・宿泊研修における体験学習や大学生のゼミ研修等

所要時間: 体験時間約50分 + 《発酵時間30分+焼成15分=45分》※この時間は、教会群など周辺まちあるき散策にご利用下さい。        体験時間約50分の内容/ ①ミニ講座(10分)・・・ピロシキってなあに? 函館とロシアのつながりを<ピロシキ>を通して知ろう!  ②ピロシキ作り(30分)  体験時間後、発酵と焼成に45分程かかりますので、一時解散し、その後、焼き立ての<ピロシキ>を受け取って頂く、又は 体験会場で召し上がって頂く、どちらでも選択が出来ます。

  

最初に、体験会場にて、スタッフが本日の体験内容について説明をします。ピロシキ作りの前に、ミニ講座が有り、続けて、ピロシキ作り進みます。カラフルに用意された函館近郊の食材がたくさん。

食材を、絵の具の様に自由に混ぜ合わせ、好きに味付けをして、自分だけのオリジナルのピロシキを作ります。

ピロシキの生地完成。30分程、発酵をさせます。

函館のピロシキは、揚げ物にはせずに、伝統的なオーブン焼きです。

焼成には、15分間かけます。

料金: お1人様 1,500円

最少催行人員: 6人様以上  ※一回の実施人数が6人ですが、時間差利用で最大12人様まで可能。ご相談下さい。

集合場所:函館市元町2-3 まるたま小屋

体験会場:函館市元町2-9 まるたまスクエア

ロケーション:函館観光のメインスポットとしての元町地域に位置し、二十間坂を上がりきった近くに位置し、聖ヨハネ教会の入口近くに体験会場があります。ピロシキの生地を作り上げた後、発酵と焼き上げの為の時間が必要ですので、その時間を有効活用し、教会群、八幡坂、旧函館区公会堂、元町公園、旧イギリス領事館や、ちょっと足を延ばして、旧ロシア領事館まで行き、ロシアの歴史的足跡を散策するのもおススメです。

アクセス: 市電・十字街電停下車後徒歩約10分。

特記事項:事前に用意でき持参が可能であれば、三角頭巾やエプロンをご持参頂くとよろしいかと思います。必須では、ございません。

<ご予約必須> 申込期限:ご希望日の5日前まで。

体験開始時刻:営業時間内 午前11時~午後4時までの間のリクエスト時刻

現地集合

キャンセルポリシー有り ⇒  ここをクリック

予約受付時間: 9:00~16:00

休日:不定(通常の定休日は、火曜日・水曜日で、臨時休業日も有りますが、定休日でもお受け出来る時が有りますので、まずは、ご相談下さい。

<Booking>ご予約は、体験予約・はことれ(Hakotore)へ

前の記事

タイルクラフト製作体験